えごまの葉の醤油漬けと和え物

☆ 参加しています ☆

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
cotta プレミアムメンバー

*****

週末、韓国のスーパーで えごまの葉を買ってきました。えごまはシソ科の1年草で、シソと同種(wikiより)。
オットのお義母さんから 種が送られてくるので、植えていた事があるのですが 紫蘇よりも簡単に栽培出来、
沢山実った時期があります。また落ち着いたら育ててみようと思います。これは1束で、2ドル弱でした。

a0265027_23193170.jpg

えごまの葉を使ったお料理を2種類。まずは、えごまの葉の醤油漬け(ケンニプチム)。我が家は、オットは
もちろん 特に長女が大好きなので 辛くないバージョンで作ります。これがあれば、白いご飯もすすんで
食べてくれます。ご飯の上に1枚ずつのせて、お箸でくるっと巻いていただきます。

a0265027_23195112.jpg

常備菜として、多めに作っています。簡単に作り方を。
~ヤンニョン~ えごまの葉 30~40枚分
醤油 大さじ3
水 大さじ1
梅シロップ 大さじ1
ごま油 小さじ1
にんにくの摩り下ろし 1/2かけら
胡麻 適量

* 洗って水気を取った葉4~5枚を 束にします。(小さな葉は、和え物に使用。)
* 耐熱皿に、束にした(4~5枚が1束)ごまの葉を1束おき、ヤンニョンを大さじ1弱かける。
* これを繰り返して、弱火で約15分、蒸し器で蒸します。この時、じっくりと火を通し、
ごまの香りを逃さないように蒸します。
* 蒸しあがったら、お皿に盛り付け、胡麻をふって出来上がり。

a0265027_2320761.jpg

辛いのが好きな人は、ヤンニョンに唐辛子(生)を入れて一緒に蒸したり、味噌を少し入れた味噌味も美味しいです。

a0265027_23202398.jpg

こちらは、小さな葉を使った えごまの葉の和え物。

a0265027_23204458.jpg

お湯で茹でる時、普通の葉野菜より 心持ち長めに茹でます。茹ですぎると逆に硬くなるので、気をつけて。
スイートオニオンが、えごまの葉の風味に合うと思うので、入れています。このヤンニョンは、醤油、
塩、ごま油、にんにくのすりおろし(↑の残りの半かけら)。塩で味を調えます。

a0265027_23205752.jpg

少し強い香りのする えごまの葉ですが、こうして和え物にすると 食べやすくなります。

えごまの葉は 鉄分やビタミンが豊富で、美容に(特にお肌)いいと言われます。私は少し苦手な風味。
オットや子供達が美味しそうに食べるので、少しは食べれるようになりましたよ♪

a0265027_2321113.jpg

日本のゲートボールの原型にもなっている CROQUETに、家族ではまっています。6個のフープ(門)に
ボールを通していき、最後のポールに早く到達した人が勝ち。簡単なルールなので、子供達も一緒に
楽しめるのもいいです。でも、オットが一番真剣だったりします(^^)

a0265027_23212538.jpg


参加しています。応援して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ

[PR]
by hannoah | 2012-08-01 00:15 | Cooking

自家製パン、スイーツ、おうちごはん☆


by hannoah